• Myanmar Book&Toy Library 100 

    東京おもちゃ美術館&ブリッジ エーシア ジャパンが贈るスペシャルプロジェクト

  • News

    3月13日、Book&Toy100プロジェクトの寄贈式が行われました。 会場となった学校は、ヤンゴンから車で2時間ほどのバゴーという地域にある尼僧院学校です。 一般社団法人ミャンマー祭りが今年寄贈した新校舎の開校式に合わせ、同日の開催となりました。 この学校は、3歳~15歳までの子どもたち約250名が学ぶ学校で、うち約150名は学校の敷地内で寄宿生活を送っています。シャン州の一部など治安が不安定な地域から来ている子どもたち、親がいない孤児も多く含まれています。 式の冒頭、BAJミャンマー国代表の森がBook&Toyのこれまでの取り組みや過去に寄贈した学校のその後についてスピーチをし...
    昨年に引き続き、GAP様にご協力頂き、「衣服リサイクルプロジェクト」を3月1日に開始しまた。 5月31日まで、全国のGap店舗(福岡三越、梅田大丸、船橋東武は除く)にて 不要になった衣類を回収しています。 ご提供いただいた衣料は、寄付金となり、BAJのミャンマー、ベトナムでの支援活動で 役立てられます。 Gapブランド以外の衣服も受け付けています! 夏物でも冬物でもOK! 子ども服から大人の服まで大丈夫! 詳しくは、こちらをご覧ください。※Gapのページへ移動します。 皆様のご協力をよろしくお願いいたします。  
    使ってないマイルでミャンマーの子どもたちに、はじめての図書棚を届けませんか? BAJとの協働プロジェクト「BOOK&TOY ライブラリー」がANAのサイトで支援いただけます 小学校1校への図書棚の寄贈にかかる寄付を集めるクラウドファンディングに挑戦します。 募集期間は、1月15日~2月末まで。   情報シェアのご協力よろしくお願いします https://wonderfly.jp/cf/ideas/897
    More Posts
  • 寄贈内容

    ミャンマーの子どもたちに向け、図書とおもちゃを通して、新たな学びを届けます。

    児童向け図書と良質なおもちゃが詰まったミニライブラリーを製作し、

    農村部を中心とした小学校へ届けます。

    3年間で100校への寄贈を目指し2016年からプロジェクトスタート!

    図書 250冊

    物語や百科事典だけでな
    く、クイズや英語を学べ
    る本など、学校内や農村
    部では学ぶ機会の少ない
    情報が載っている書籍、
    約250 冊を揃えます。

    おもちゃ 20点

    心の栄養たっぷりの日本とミャンマーのおもちゃ。技を習得することで達成感を得られる「けん玉」、考える力を育む「囲碁」などを揃えます。どれも日本の職人が製作する一級品です。

    図書棚

    図書と玩具を収納する棚
    は、旧首都のヤンゴンで
    制作されます。雨季と乾
    季が明確なミャンマーの
    気候に対応し、美しさと
    使いやすさを兼ね備えた
    専用木製棚です。

    授業

    ライブラリーの活用方法は、現地ミャンマー人スタッフによる授業を通して伝えられます。本をはじめて見る子どもたちもいるため、本の意義を伝え、将来にどう役立つかを一緒に考えます。おもちゃの遊び方もしっかりとレクチャーする約90分の授業です。

  • 寄贈先

    農村部の村に建てられた小学校が中心です。電気が通ってない村に、お寺が運営する寺子屋小学校などにも寄贈をします。100校が目標とし、寄付が集まり次第寄贈を行っていきます。

  • Presented by

    ミャンマーに20年以上の活動実績を持つNGO・BAJと日本の遊びの殿堂「東京おもちゃ美術館」による協働プロジェクト

    Bridge Asia Japan

    ミャンマーとベトナムで国際協力活動を行うNGO。ミャンマーでは20年前より活動を開始。農村部や乾燥地域を中心に500を超える井戸づくりを行い、130棟以上の小学校の設立に携わってる。その国のスタッフ育成し、現地の人たちが中心になった地域開発活動を行う。

    TokyoToyMuseum

    遊びを通した多世代交流をテーマに日本各地で活動。新宿の廃校を活用した東京おもちゃ美術館の運営や、おもちゃの専門家の養成、子育てに木を取り入れる木 育を推進。他にも、難病児の遊び支援やミニ子育てサロンを全国200ヶ所で開催。運営は、認定NPO法人日本グッド・トイ委員会。

    Special Thanks

    (順不同)

    全日本空輸株式会社、一般社団法人IGOコミュニケーションズ、北海道小樽高等支援学校、公益財団法人浄土宗ともいき財団、ミャンマー祭り実行委員会、株式会社幻冬舎、おもちゃコンサルタントのみなさん

  • ご支援おねがいします

    個人の方や企業のみなさまからのご寄付によって本プロジェクトは推進されています。

    ご寄付いただいた特典として、ささやかではありますが、1万円以上の方へは、現地小学校へ寄贈する図書棚にお名前をいれさせていただいています。

    1校でも多くの学校へ新たな学びと遊びを届けられるようご支援お願いいたします。

  • お問合せ

    プロジェクトの質問や資料のご請求は下記よりお願いします。

  • ご支援お願します

    1校でも多くの学校へ教育機会を届けるために、どうぞご支援お願いします。

All Posts
×